花粉症対策にザイザル(効果と副作用)

ザイザルとは花粉症等やアレルギー性鼻炎などのアレルギーによって引き起こされる症状を改善します。ジルテック錠のR体のみを分離し製剤化された抗アレルギー薬のため、花粉症の副作用に多い眠気が出にくいとされています。

花粉症対策にザイザル(効果と副作用)

ザイザルは1日1回の服用で効果が持続

ザイザルはあらゆるアレルギー性疾患に使用されている抗アレルギー薬です。ザイザルの有効成分はアレルギー症状を引き起こすケミカルメディエーターの1つであるヒスタミンの働きを抑えることで、抗アレルギー作用を示します。ヒスタミンはアレルギーの諸症状を引き起こす際に、ヒスタミンH1受容体を介して作用を発現しますが、このH1受容体にザイザルの有効成分のレボセチリジンが結合することでヒスタミンが作用できないようにします。
ザイザルの何よりの特徴は1日1回の服用で1日効果が持続することです。1日1回服用の最大の利点はコンプライアンスが向上することです。どうしても1日2回タイプや1日3回タイプの薬ですと飲み忘れが発生して、それでザイザルの服用で得られる治療効果をフルに発揮することが難しくなります。しかし1日1回タイプの飲み薬であれば、朝、昼、晩の中で最も自分が服用を忘れないタイミングで服用することができます。またザイザルは胃にも負担がかかりにくいので食後でも食前でもいつでも服用しても構わないのです。こうやってコンプライアンスの向上が期待できるのです。
また1日1回タイプの場合には副作用による影響を最小限にとどめることができます。ザイザルの場合には、代表的な副作用として、眠気、ふらつき、注意力、集中力の低下が挙げられます。これがもし日中に起こってしまうと大変です。ただ1日1回タイプの薬であれば、夕食後に服用しておけば、夜中副作用が起こりやすくなります。しかし朝起きるころには副作用が起こるほど血中の薬物濃度は高い状態にはならないのです。このように飲むタイミングを自由に選ぶことができることによって副作用による不利益を最小限にとどめることができるのです。

小児にもザイザルのシロップ製剤

ザイザルは比較的新しいタイプの抗ヒスタミン薬です。これは昔からあったジルテックを改良して開発された薬です。ジルテックは光学異性体のD体とL体が1対1の割合で混在した薬でした。ザイザルはこの両者のうち薬理効果が強いと言われるL型のみを含む製剤となっており、より効率的に効果が得られるようになっています。この効率化によって最低限の投与量で済むために、副作用発現率がジルテックより低くなっていることも特徴の1つです。このように安全性の面でメリットがあるために、ザイザルは小児用製剤が開発されています。それがザイザルシロップです。抗ヒスタミン剤は1歳未満で服用できる薬には限りがありますが、このザイザルは1歳未満でも服用することが可能となっています。
このように小さいお子様が飲む薬で重要となるのが飲みやすさの問題です。お子様が飲みやすいか飲みにくいかで治療効果に大きな差が出てしまいやすいからです。そこでザイザルシロップは1歳未満のお子様には1日1回の服用で済むようになっています。服用回数が少ないのはコンプライアンス上非常に重要です。また1歳未満のお子様でも飲みやすいようにシロップ製剤となっています。やはり粉薬ですと、そのまま薬を流し込むのが難しいものです。シロップであれば口に含んでしまえばある程度飲み込んでくれやすいです。さらにザイザルは味の面でも工夫された薬です。ザイザルシロップは透明ですが、味はカルピスのようになっています。ミルクなどを飲みなれているお子様にとって慣れた感覚の味覚となっているのでお子様は飲みやすいでしょう。このように小児向け製材にはありとあらゆる工夫がなされ、お子様の薬の効果を最大限に発揮させようとしているのです。

ザイザルの報告されている副作用

ザイザルはアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎などあらゆるアレルギー疾患の治療に使用される抗アレルギー薬です。日本人は特にスギ花粉症やヒノキ花粉症といった花粉症の有病率が高いため、ザイザルは花粉症の治療薬としておなじみとなっています。ザイザルの副作用に関してですが、昔から使われている抗ヒスタミン剤と比較すれば副作用は少ないものとなっています。しかしそれでも発現しやすい副作用はいくつかあります。
まず眠気、ふらつき、注意力、集中力の低下が起こりやすいです。これは脳のヒスタミンH1受容体を遮断することで引き起こされる副作用です。しかし、ジフェンヒドラミンやクロルフェニラミンといった初期の抗ヒスタミン薬に比べれば、これらの副作用は出にくくなっています。
また口渇の副作用も出やすいです。これはザイザルの抗コリン作用によって、唾液などの分泌機能が低下することによって起こります。これも抗ヒスタミン薬には起こりやすい副作用ですが、初期の抗ヒスタミン薬とお比較すれば副作用頻度は低いものとなっています。
さらに食欲不振が起こることがあります。これは口渇同様に抗コリン作用が関与しています。消化器系は副交感神経系によって消化管運動が亢進します。ザイザルは抗コリン作用によって副交感神経系の作用を弱めるため、消化管の運動機能が低下して、食欲が落ちてしまうのです。
他にも抗コリン作用によって眼圧が上昇し、緑内障を悪化させる恐れがあったり、膀胱括約筋を収縮させることで、排尿困難や尿閉を引き起こします。緑内障や前立腺肥大症による排尿障害を持つ方には注意喚起がなされていますので、その場合には注意しましょう。
■オススメのサイト
アレグラ