ザイザルとは花粉症等やアレルギー性鼻炎などのアレルギーによって引き起こされる症状を改善します。ジルテック錠のR体のみを分離し製剤化された抗アレルギー薬のため、花粉症の副作用に多い眠気が出にくいとされています。

花粉症対策にザイザル(効果と副作用)

アトピー性皮膚炎に使用されるザイザルの副作用

アトピー性皮膚炎はアレルギー性疾患の1つで、発疹、発赤、かゆみなどを伴う皮膚疾患です。小児に多くみられ、また季節の変わり目に悪化しやすいという特徴もあります。アトピーの起こる体の部位は小さい頃は体幹部や顔に現れることもありますが、年齢を重ねるにつれて関節の裏側などに現れやすくなります。このアトピー性皮膚炎にはケミカルメディエーターの一種であるヒスタミンが深く関与しています。アレルギー反応が起こると免疫細胞の一種である肥満細胞が脱顆粒を起こし、その中に入っているケミカルメディエーターが放出されます。ケミカルメディエーターにはヒスタミンの他、ロイコトリエン、トロンボキサンなどがあります。ヒスタミンは体の中に多数存在するヒスタミンH1受容体と結合し、鼻炎、結膜炎、皮膚の発疹、発赤、かゆみなどのあらゆる症状を引き起こします。このヒスタミンの作用を抑えるのがザイザルなどの抗ヒスタミン薬です。ザイザルはヒスタミンH1受容体をブロックすることでヒスタミンの作用が起こりにくくしてアレルギー反応が起こりにくくする薬です。
このザイザルの副作用に関してですが、基本的には副作用は起こりにくい薬です。しかし、抗ヒスタミン薬の代表的な副作用である、眠気、ふらつき、注意力・集中力の低下が起こることはあります。これらは脳に存在するヒスタミンH1受容体をブロックすることによって起こってしまう副作用です。しかしザイザルは抗ヒスタミン薬の中ではこのような副作用は起こりにくくなっています。それでも薬によって眠気が起こりやすい敏感な方の場合にはこのような副作用が起こることがあります。もし、車の運転や高所での作業をされる場合があったら気を付けて行うようにしましょう。