ザイザルとは花粉症等やアレルギー性鼻炎などのアレルギーによって引き起こされる症状を改善します。ジルテック錠のR体のみを分離し製剤化された抗アレルギー薬のため、花粉症の副作用に多い眠気が出にくいとされています。

花粉症対策にザイザル(効果と副作用)

オートミールでの小麦アレルギーにはザイザル

子供が健康な身体で生まれてくることは、大変喜ばしいものですが、中には生まれつき問題を抱えて生まれてきたり、成長するうちに、様々な疾患を発症する子供がいます。
子供の疾患の中でもよく見られるのが、食物アレルギーです。アレルギー反応として、皮膚がかゆくなる、赤くなるなどの症状が出るばかりか、最悪の場合には死亡する恐れも捨てきれませんので、アレルギー体質の子供のいる親御さんは、食べ物に十分注意し、アレルギー専門医に診てもらう必要があります。
オートミールは手軽で、子供が食べやすい食品ではありますが、オートミールはアレルギーの原因としてメジャーな、小麦が原材料に使われています。パンや麺でアレルギー反応を起こす子供には、オートミールを食べさせないようにしましょう。
このように、見た目はそれっぽく感じられなくても、原材料にアレルギーのもとが含まれる食品はたくさん存在します。どれがアレルギーの原因であるか、素人では判断が難しいですので、必ずアレルギー専門医に診てもらい、原因を突き止めてもらうことが大切です。アレルギー専門医がいる病院やクリニックを探すなら、電話帳を調べたり、インターネット検索を駆使してみましょう。
アレルギーの治療では、ザイザルと呼ばれる薬がよく使われます。ザイザルにはヒスタミンH1受容体拮抗作用があるため、アレルギー症状を改善する効果が期待できます。7歳以上15歳未満の子供に対しては、1回あたり2.5mgのザイザルを服用します。朝食後と、就寝前に服用するのが一般的です。
飲み忘れにすぐに気づいたならば、直ちに服用をします。しかし、時間が随分と経過した場合には、1回分を飛ばして、次の分から服用を再開するようにします。