ザイザルとは花粉症等やアレルギー性鼻炎などのアレルギーによって引き起こされる症状を改善します。ジルテック錠のR体のみを分離し製剤化された抗アレルギー薬のため、花粉症の副作用に多い眠気が出にくいとされています。

花粉症対策にザイザル(効果と副作用)

虫刺されに対して使用するのはザイザルかイソジンか

夏の時期になると蚊などによる虫刺されトラブルが多いです。特にお子様の場合にはこの虫刺されを引っかいてしまうため、それが傷になって化膿してしまったりすることがあり、とびひの原因となったりもします。そういった場合にはザイザルのような抗アレルギー薬か、それともイソジン消毒か、どっちを使用するべきなのでしょうか。
それは症状の程度にもよります。もし虫刺されの起こっている部分が傷になったり化膿したりしていない場合にはザイザルが有効です。ザイザルは抗ヒスタミン剤の1つで、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどに使用されます。この虫刺されに対しても有効です。ザイザルに炎症を止める効果はありませんが、炎症の原因となっているアレルギー反応を止める役割はあります。特に虫刺されの場合には、症状にヒスタミンが深く関与しているために、そのヒスタミンの効果をブロックするザイザルはこの症状に最適の薬といえます。
一方で、虫刺されの部分を引っかいたりして、傷が入ったり、化膿したりしている場合にはイソジン消毒が有効です。この傷が入った部分をさらに引っかくと雑菌の繁殖が起こり、とびひなどの皮膚トラブルの原因となります。イソジン消毒は細菌を殺す効果があるので、このような場合には有用な薬となります。しかしイソジン消毒はやり過ぎると、ヒトの体も傷つけることがあるので必要最低限の回数だけ行うことが推奨されます。
またザイザルとイソジン消毒は併用しても構わない薬となっています。虫刺されの部分に傷が入っていたり、化膿が起こっていて、なおかつかゆみを感じている場合には両者を併用する方法がより治りがいいかもしれません。